スポンサーリンク

23歳ロングヘアー女子の脱シャンプー体験記

こんばんは、jazziです!

この記事は私が2018年の12月2日から始め、

今2019年9月現在も続けている

脱シャンプーの経過をまとめたものです!

嘘偽りのない、本気の感想と経過を書いていきます~!

脱シャンプーを始めようか悩んでいる方、

または脱シャンプーを始めたが心が折れそうな方。。。

向けにシェアできたらと思います。

スポンサーリンク

実体験者:jazziの髪質と脱シャンプーを始めたきっかけについて

参考にですが、私の髪質や始めたきっかけについて軽くまとめておきます。

私は脱シャンプーを、髪質改善のために始めました!

夕方になると頭皮周辺の髪がべたついて脂ギッシュになり

さらさらヘアーでなくなってしまうのが嫌で、いやで…。

肌断食の勉強中に、肌断食一人者の宇津木先生の本で脱シャンプーの本を見つけ、

もしかしてやってみたら…頭皮の皮脂バランスが正常になり、

真のさらさらヘアーが手に入るかも…!

そんな想いではじめました。

朝シャンプー派から夜シャンプー派になりたかったのと、

シャンプーやリンスに含まれる成分…おもに合成界面活性剤を

使いたくない。という想いもありました!(肌荒れ防止のため)

 

具体的にどの程度だったかという…

私はシャンプーとリンスを使って髪を洗い

乾かした時点では髪がサラサラになっても

次の日の午前中には前髪が割れ始め、毛束感が出てべたつく髪質。

午後はべたつき感が悪化し、夜家に帰りつくころには

汗をかいたごとく、髪を濡らしたがごとく湿っているような状態。

なお、中学校1年のころからこのような皮脂ギッシュな髪質のため、

朝シャン派になり、なんとかさらさらヘアーを保とうとしてきました。

髪は胸辺りまでのロング。髪の量は多めで、太さは普通。

 

脱シャンプー開始1日目

初めてシャンプーなしで頭を洗った。

髪のべたつき感が洗ったあとも取れない。

お湯をシャワーで出し、頭皮に当てて指の腹でこするが

洗っても皮脂や汚れが取れた感がなく、

頭皮はまだ皮脂のベールで被われている感じ。べたつく。

洗った感がなく気持ちが悪いが、我慢してタオルで水分を拭き取り

ドライヤーで乾かすが、洗う前とほぼ変わらないくらいに

頭皮周辺の髪はべたついており、毛束でまとまっている。

毛先の方は頭皮に比べるとはるかに

いい意味でぱさぱさ。皮脂が落ちている感がある。

髪を手櫛で梳こうとすると引っかかる。手触りは良くない。

脱シャンプー開始2日目

1日目よりも念入りに洗ってみたが、頭皮周辺の髪は1日目よりもべたつく。

皮脂等の汚れが落ちた感はなく、むしろ汚れが溜まっていっているような印象。

髪を乾かしても、1日目同様のべたつき感。むしろ悪化している印象。

脱シャンプー開始3日目

2日目同様、べたつく状況も汚れの洗浄感も最悪。

むしろ3日目のほうが悪化している状態。

汚れが3日間で蓄積されている気がする。

このまま悪化してギッシュなままなら人前に出られないと感じた。

 

脱シャンプー開始4日目

相変わらず髪のべたつきも汚れも湯シャンで落とせている気がしないが、

宇津木先生の脱シャンプー本を読み返し、モチベーション復活。

多くの人が躓く挫折点だと割り切って強行突破を誓う。

ドライヤーで髪を乾かした後に、指先がすこしべたつく感覚に気づく。

湯シャンで洗い流せなかった髪に付着したままの

皮脂汚れなのではないかと推測。→湯シャン前に櫛でとく事を5日目から決意。

脱シャンプー開始5日目

4日目を踏まえ、ダイソーで100円のくしを購入。

お風呂の前に10回ブラッシングして、湯シャンに臨む。

すると、頭皮のべたつき感が少しだけだが軽減された気がした。

翌日からもブラッシングすることを決意。

しかし、相変わらず髪のべたつき感、油ギッシュ感は変わらずあるまま。

くしでのブラッシングが少しだけ効果がありそうだと感じたレベル。

脱シャンプー開始6日目

お風呂前にくしでのブラッシングを20回してみた。

5日目と同様にブラッシングしないよりはマシだと感じた。

しかし、相変わらず髪のべたつき感、油ギッシュ感は変わらずあるまま。

もう脱シャンプー開始後は仕方ないのだと断定し、

割り切って受けいれ、一切気にしない努力を始めた。

日中は髪は一つにまとめて出来るだけ、不潔感のないように見せる努力を始めた。

脱シャンプー開始7日目

お風呂に入る前にくしでブラッシングを20回行う。

いつも通り湯シャン後のべたつきや洗浄感は良くないが、

この状態にも慣れ、受け入れ始めた。

しかし、髪をドライヤーで乾かした後の指先のべたつきは気になったまま。

指先をよく見ると、若干白っぽくなっている。

ブラッシングだけではなく、湯シャン時の髪の洗い方を本で調べ始めた。

→8日目から洗い方を変えることを決意。

脱シャンプー開始1週間の感想とまとめ

洗ったはずなのに、髪が綺麗=さらさらになった気がしなくて

めちゃくちゃ気持ち悪い。

脂ギッシュなまま24時間過ごさないといけない事への

違和感と不快感マックスな一週間!

あと、ドライヤー後の指先の謎のべたつき感が気になったまま2週間目に突入。

しかし1週間でブラッシングの重要性が分かった。

開始1週間時点での脱シャンプーのメリット

今のところの脱シャンプーをして良かった点は2点。

1点目。

シャンプーリンスの時間がないので、髪を洗う時間が大幅短縮されたこと。

ロングヘアーかつ面倒くさがりな私には

お風呂に入って髪を洗う身体的、時間的負担が少なくなったのは嬉しかった。

2点目。

一日中髪に、良くも悪くも皮脂コーティングがあるので

髪に束感があり、髪がまとまりやすい。

ワックス等のスタイリング剤の必要がなくなった。

…以上です!

 

2週間目以降は次の記事にまとめていますので、

興味のあるかたはご覧ください!

 

 

コメント

  1. […] 私の脱シャンプー体験記の1週間目の様子はこちらです。 https://jazziblog.com/no-shampoo-diary-1week […]

タイトルとURLをコピーしました