スポンサーリンク

あなたの人生にときめかせる断捨離マジック [ 心の断捨離編 ]

どうも、人生の断捨離ガールのjazziです。

今回は「人生をときめかせる」をテーマに、

心、モノ、コトの断捨離、を考えていこうと思います。

「最近なんか退屈。つまらない。特に楽しくない。」

そんな大人って意外と多いのでは?

どんなに高価な服を着ても、どんなに美味しそうなものを食べても、

人が羨むような生活をしていても、

「人生にときめきがない」人って今急増していると私は思っています。

子供の頃は、そこらへんの土で作った泥団子ひとつで

あんなに目を輝かせて、楽しみ、没頭していたのに、

大人になってしまうと、なぜでしょう?

いつからか本気で楽しんだり、

ときめいたりする事が下手になってしまうのかもしれません。

片付けの達人、近藤麻理恵先生の言葉をお借りすると

「ときめき感度」というものが下がっているのかも…。笑

大人になってから

「なんとなくつまらない。楽しめていない。」

そんな事が頭をよぎった事のある方、要必見です♪

スポンサーリンク

ときめきってどんなもの?

「これ好き!!!」

一瞬でそう感じた経験はありますか?

「ときめき」という言葉はよく、

恋愛での対ヒトに対して使われることが多いですが。

私は好きな人や恋人だけではなく、

モノ、コトにも「ときめき」を感じます。

例えば大好きなスイーツ、私でいえばマカロンを見れば

「…可愛いすぎる!!」と胸が躍り、

見ているだけで幸せな気持ちになります。

「素敵…!」と思える服と出会い、手にしたときには、

その服を着て出かける時のことを考えるだけで、

わくわくして、居ても立ってもいられないくらい胸が高鳴ります。

そんな経験が、誰しも一度くらいはあるのでは?

なんだっていいんです。

「漫画の発売日が待ち遠しくてたまらない。」とか、

「恋人と会える日が楽しみでたまらない。」とか。笑

全部のことに共通しているのは「心の動き」だと思います。

胸がキュンとしたり、高鳴ったり、思わず楽しくなってしまう。

そんなポジティブな心の動きを

無意識に起こさせるのが「ときめき」だと思います。

ときめきのあふれる人生って、

その分「幸せ」を感じやすい人生だとわたしは思っています。

そしてときめきパワー全開な人って、

人生を楽しそうに、幸せに活き活きしてませんか?笑

まるで子どもみたいに。笑

童心にもどる。

子供の頃って、なんであんなに楽しそうなんでしょう?笑

もちろん経験やバックグラウンドによって、

大人の方が楽しいよ!っていう人もいると思うんですが、

子供の頃のモノ、ヒト、コトに対しての素直さといったら、

大人とは画したものがあると思います。

「心=表情=行動/言葉」で、見ているだけで、

「楽しいとか、嬉しいとか。」一瞬で分かりますよね?

きっと子供にとっては「ときめく」ことなんて容易い事です。

でも大人にとっては、「ときめく」ことって意外と難しい。

子供の頃にはときめいたものが、

大人になったらときめかなくなったり、

ときめく頻度自体も少なくなったり。

大人になったらときめくことに「慣れる」のでしょうか?

ときめくハードルが上がるとでもいうのでしょうか?

この「ときめきの感じやすさ」=「ときめき感度」が下がっている状態って

私は「幸せの感じやすさ」も下がっていると思っています。

大人は子供の頃の心の「ときめき感度」を取り戻す必要があるのかもしれません。

自分の心の声(本心)に耳を澄ます。

「ときめき」で「楽しい、嬉しい、幸せ」を感じるには

やはり自分の心の動きに敏感になることがポイントだと思います。

なにかの出来事が起こったとして、

心が動くか、動かないか。

これってとても重要ですよね?

でも、大人になって色んな常識とか、

まわりの目、毎日の仕事に、人間関係…

そういうものを気に掛けて生きていくうちに、

自分の外見や今日のスケージュール、明日の事には気が要っても

特に自分の内面や心、感情に気を掛けていく余裕がなくなるんだと思います。

そのうち、それが当たり前になって、

気づけば最近「つまんない、楽しくないな」って。

でも、あなたの人生を楽しくするのも、つまらなくするのも、

あなたの心次第です。

そしてそのあなたの心はあなたにしか感じられないし、

動かせません。

だからこそ、あなたが自分の心の動きや声=本心に

敏感になって耳を傾けてあげることから始めてみませんか?

どんな高級なコスメやブランド物のバックを自分に

ご褒美として与えるより、

自分の心の声を聞いてあげることの方が

よっぽど難しくて、

よっぽど贅沢なことなのかもしれません。

心惹かれることに気づく。

上には、あなたが自分の心の動きや声=本心に耳を傾けてあげる事から

始めようと書いていますが、

その次のスッテプが、いちばん重要だと思います。

それは、心の声を聞き、

自分が心をポジティブに動かすモノ、コトを知ることです。

要するに「ときめくモノ、コト」が何なのか。気づくということです。

言葉にすると簡単ですが、これが意外と難しい…。

特にながーい間、自分の心の声を聞くことを

意識的にしていない人にとっては一苦労。

自分がどんなことに「ときめく」のか自分でも分からなくなってしまうんです。

そんな人には特に熱心にこの作業を繰り返して欲しいです。

やっているうちにだんだんと「ときめく」モノ、コトの

「感覚」を思い出していくと思います。

どうしても難しいひとにはぜひ、一度

子どもの頃に帰ったつもりで一日行動したり、

実際に子供と一日、一緒に居てどんな風に行動しているか

観察してみるのもいいと思います。

その時はぜひ子供が「どんなコト、モノ、時に」ときめいているか要チェックです。

大人が子供に学ぶことって意外と多いのかもしれませんよ♪

 

あなたが毎日に幸せを感じ、

あなた自身の人生に「ときめき」ながら、

今日も一日を充実して過ごせることを願っています。

 

jazziでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました