スポンサーリンク

文法を学ばずに英語ができるようになる英語脳の造り方。

どうも、jazziです。今回は、今私が実践している文法や暗記なしで英語を話せるようになる方法をシェアしていこうと思います。

まず、はじめにご注意いただきたい事があります。それは、この勉強法は学校や試験等での点数を伸ばす方法ではなく、あくまでも英語脳をつくり、ネイティブスピーカーになるための方法です。

前者にはもちろん、文法や単語の知識を養い、時には暗記することが重要です。これが今の日本での英語教育で英語の知識を学ぶ際に用いられている方法でもあります。しかし、その方法で勉強を続けても決して「英語が聞ける、話せる」状態にはなりません。

当ブログでは、筆者jazziが自身のワーホリに向けて「英語が聞ける、話せる」英語脳をつくり、ネイティブスピーカーになるために実践している方法をご紹介しています!

スポンサーリンク

文法と単語の暗記をしても実践英語には歯が立たない

タイトルでも英語が出来るようになるのに、文法は必要ないと書きましたが、その言葉に耳を疑う方も多いのでは?

当初、英語が話せる、聞けるようになるため勉強を始めようと考えた時、私がまず思い浮かべた勉強法もTOEICや英検等の資格試験の内容の復習でした。ですが、本格的に英語が出来るようになるべく、色々な人から話を聞いたり、本を読むうちに、その思い浮かべていた方法では、どうやら英語の試験は出来ても、実践的な英語は出来ないままだという確信にたどり着きました。

考えてみれば、私は中学、高校、大学で英語をもう10年間学んでいるはずなのにまだ喋ることはおろか、英語を聞き取ることもままならないという驚きの事実に気づきました。それだけ多くの時間を費やして勉強していても、知識が増えるだけで実践的な事はほぼ素人同然だったわけです。

そこで、今までやってきた英語の勉強では「無駄」あるいは「時間がかかりすぎる」という事で他の方法を見つけました。

手っ取り早い方法:赤ちゃんをお手本に

そんな時、英会話の教室にでも通おうかと考えていた時に書店で一冊の本を目にしました。そこには、英語を脳科学的に効率よく学び、「英語脳」というものを創り、ネイティブスピーカーになるための学習方法が書かれてありました。その方法は、私が今までに抱いていた英語学習の限界を打ち破る斬新な方法でした。

その方法を手っ取り早く説明すると、赤ちゃんが初めて言語を学ぶときと同じように英語を学んでみるという方法でした。赤ちゃんは生まれた当初、単語はもちろん文法も気にせずに自然と言語を身につけていきます。そこには暗記はもちろん必要ありません。その様に文法ルールなどを暗記することなく自然に英語という言語を修得しネイティブスピーカーとなるのです。

そもそも文法に意味はない。

もうお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、赤ちゃんが言語を修得するときに文法を必要としない事からも分かるように、本来、言語の学習には文法は必要ありません。

言い換えれば、文法を学んでも言語を学んだことにはならないという事です。それどころか、文法は新しく言語を学ぶ際には役に立ちません。

また言語学習の際、文法に日本人は重きを置きがちですが、その文法自体には意味はなく本来、意味というものは状況の中にあるものです。この「意味は状況の中にある」という概念についてはまた別記事で書く予定です。

他にも、ある一説によると、ネイティブスピーカーでない人が文法から英語を学ぼうとすると必ず失敗するとも聞きました。その説の信憑性に何となくうなずいてしまう気持ちが、今では私の中ではあります。実際、私も文法重視で10年間学校教育を受けてきましたが、いまだ英語が話せません。笑

限られた時間を有効に使って、私も英語を学んでいこうと思います!同じような心境の方にお役に立つ内容になっていれば嬉しく思います。お互いに頑張りましょう♪ jazziでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました