スポンサーリンク

死ぬ前に人生で後悔する5つのこと

思考の断捨離
本記事はこんな方にオススメ

「死ぬときに自分の人生を後悔したくない。」

「死ぬ前に自分の人生で後悔しそうなことは何なのか、知りたい。」

「死にゆく人が人生で後悔することはどんなことか気になる。」

そんな一度きりの人生後悔したくないという方におすすめの記事となっています。

本記事の内容

人生はあっという間だとよく言いますが、もしも明日があなたの人生最期の日だとしたら…自分の人生に後悔することはありませんか?

この記事は、ある一人の看護師の方が執筆した本の内容を参考にしながら、「死ぬ前に自分の人生で後悔しがちな5つのこと」をご紹介しています。

ご紹介する5つのことは文字にしてしまうとものすごく当たり前で、綺麗ごとを並べている様に聞こえてしまうかもしれません。

ですがこれらの言葉は、看護師として多くの人の最期を病院で見送ってきた本の筆者が、実際の経験をもとにまとめたものであり、今を生きている人への教訓だと私は感じています。

みなさんの心にどれか一つでも響くものがあればと思います。

死ぬ前に人生で後悔する5つのこと

スポンサーリンク

他人の期待に沿って生きてきたこと → もっと自分らしく生きればよかった

自分の人生の終焉をリアルに感じたとき、人は自分の人生を振り返り、他人の期待に沿って生きていた自分の生き方に気づくそうです。

そんな方々が口を揃えていうのは、もっと自分らしく、好きなように生きればよかった。という言葉。

でも、自分らしく、好きなように生きるって実はとても難しいことなのかもしれません。

他人の期待も、周りの目も意見も無視して、自分に正直に生きる人生を簡単に選択できれば良いけれど、その生き方の選択にはきっと大きな勇気が必要です。

だから多くの人は、自分らしく生きることは後回しにして、他人の期待に沿って人生を送りがちなのだと思います。

そうやって人生を送り続けて、いざ自分の人生のリミットがもうそこまで来ていることを痛感した時、人は、もっと自分らしく生きればよかったと後悔するそうです。

必要なのは、自分の人生を振り返る少しの時間と、何を人生で大切にするのかを選択する勇気だったのかもしれません。

働きすぎたこと

人生はあっという間だとよく言いますが、最後の時が近づくに従って、自分の人生を何に懸けたのか、何に費やしたのかと考えずにはいられないでしょう。

そんな時、良く出る後悔のひとつとして「限られた貴重な人生の時間を、なにもあんなに働たらかなくてよかったのに。」と働きすぎたことを後悔する人は少なくないそうです。

仕事や地位や名声、お金を大切に考えるあまり働きすぎて、家族や友人との人間関係を疎かにしたり、自分の健康を顧みなかったり…と人生のバランスを崩してしまっては、最期に後悔してしまいます。

仕事や地位や名声、お金も大切な事ではありますが「人生の全て」ではありません。

求めるがあまり、人生で本当に大切にすべきものから離れてしまっては元も子もないのです。

自分の人生で大切にしたい事を一つに絞り切ってしまうのではなく、それらの大切にしたい事のバランスどう取るのかに注力すべきなのだと思います。

素直に自分の気持ちを表現しなかったこと

最期のときが近づき、素直に自分の気持ちを表現しなかった事を後悔する人も多いそうです。

みなさんは、家族や友人、大切な人に自分の素直な気持ちをきちんと表現していますか?

「言わなくても伝わっている。」
「言うのは気恥ずかしい。」

そんな風に思って、素直に自分の気持ちを表現しない人は、特に日本人に多いのではないでしょうか?

いつか言えるから。と言わないでおいた言葉も、
いつかしよう。とやらないでおいた行動も、
いつか伝えよう。と伝えていないままの気持ちも、

あなたがこの世からいなくなってしまえば、誰にも表現できるはずがないし、誰かが代弁できるものでもありません。

思い立ったら即行動!くらいの気持ちで自分の気持ちを素直に表現していく事も大切なことに違いありません。

友人と連絡を取らなかったこと

親友や、長く関係を築いてきた友人と、人生の節目や出来事で連絡を取らなくなってしまい、最期になって後悔する人は多いそうです。

死ぬ前になって思い浮かべるのは家族の顔だけではなく、やはり縁の深い友人の顔もだと思います。

生きていれば多くの人と出会い、友人になるはずです。

その友人たちの中でも、

一緒に思い出を創った友人、
大変な苦労を共にして乗り越えた友人、
いつも相談に乗り、乗ってくれた友人、
辛い時に支え、支えられた友人…等々は、

何年が経とうと、何歳になろうと忘れがたい大切な人に違いありません。

最期の時が近づき、時間が限られいるなかでも、もう一度会いたい。話したい。

そう思った時に疎遠になっていて、会うことが叶わないでは無念で、後悔が募るのは無理もありません。

日頃から…とはいかなくても、大切なご縁のある友人との関係は、数年、数十年に1度でも良いので連絡を取り、大事にしていきたいものです。

自分の幸せを掴もうとしなかったこと

死ぬ前になってはじめて、自分の幸せを本気で追究し始める人は多いそうです。

そして死ぬまでにやりたい事のリストなどを作り、実行していくなかで多くの人はあることに気づきます。

それは今までの人生で、自分は自分の幸せを掴もうとしていなかったのだということです。

限られた時間を、自分が幸せを感じられるように最大限つかおうと努力しようとして、はじめて、今までの人生で、自分は自分の幸せを後回しにし過ぎていた事を知るのです。

そもそも人は周りの人に流されやすく、環境に染まりやすいものです。

親や友人、職場の同僚や上司、恋人や結婚相手等々…周りにいる人や環境の影響を嫌でも受け、良くも悪くも変化しがちです。

そのなかで、周りの価値観や考えに流されてしまい、自分の幸せの見失ってしまったり、他人の幸せを追いかけてしまったりすることがあります。

それが続いてしまうと、次第に本質的な自分の幸せも分からなくなっていき、本当の自分を取り戻すのには時間や勇気が必要になります。

ですが、最期を目のあたりにし、他人の目や、考え、価値観がどうでもいいような小さなことにみえた時、人は本当の自分をもう一度取り戻そうとします。

最期になって慌てて、自分の幸せを考えるようになるのでなくて、日常から自分の幸せをきちんと知り感じ取ることが、必要な事なのかもしれません。

以上、jazziでした。

コメント

  1. […] (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 死ぬ前に人生で後悔する5つのこと […]

タイトルとURLをコピーしました