スポンサーリンク

[ 長年の疑問 ] なぜ部屋が散らかるのか?

どうも、断捨離が大好きなjazziです!

突然ですが…
部屋に脱ぎ散らかした服が何着もある。
部屋に足の踏み場がない。
友人が突然家に来るとなったらとりあえずタンスにモノを押し込む。

そんな経験をしたことのある方いらっしゃいませんか?
実は私、以前は上の様な事が日常茶飯事でした笑

今回は断捨離にまだはまっていなかった頃…要するにモノが溢れ、管理しきれずに部屋が散らかっていた頃を友人との会話で思い出したので、記していこうと思います。

今その頃を振り返ると、なぜ部屋が散らかり放題で、片づけてもすぐに散らかった部屋に戻っていたのかがよく分かりますが、当時は全く分かりませんでした。笑

なので、今回はそんな私の戒めの備忘録兼、以前の私と同じような、どうしても部屋が片付かない!という方向けに私なりの気づきをシェアしていこうと思います。

スポンサーリンク

モノが多すぎる→モノの適量を知る

散らかった部屋で生活していた時と、断捨離に目覚めすっきりとした部屋で生活を送る今とで、一番の違いは「モノの多さ」に尽きます。

以前の私の部屋が散らかる第一の理由は「モノが多すぎる」事でした。

そして私がその事に気づいたのは、就職を機に初めて一人暮らしを始め、部屋を借りた事がきっかけでした。

それまで、実家では必要と思い持っていたモノが、一人暮らしをきっかけに「あれ、これ必要ないかも」と思うようになっていったんです。

そう思うに至った経緯には、部屋を借りはじめて間もない頃の生活が関係しています。

その頃、私は部屋にはベットだけ、クローゼットには仕事に必要な洋服数着だけで生活していました。

一見、「生活に必要なモノが足りなさ過ぎる!そんな生活は不自由に違いない!」と思える生活です。

ですが、実際に生活してみると、自分が思っていたよりもはるかに快適な生活を送ることが出来たんです。

この事実に私は衝撃を受けました。

むしろ、ベットと洋服数着だけなので部屋もクローゼットもすっきり。

部屋の散らかりようもなく、不自由どころか私にとっては今までにないくらいに自由で快適な生活でした。

そんな生活の中で私は、

今まで私が必要だと思っていたモノも、実はそんなに必要ではないのかも?

そして、本当に必要なモノはそんなに多くはないのかもしれないと思い始めました。

思えばこれが私にとっての「モノの適量」知るきっかけだったのだと思います。

それまでの生活では、モノが多すぎて自分では管理しきれず、部屋が散らかっていたのだと気づきました。

ならば、多すぎるモノを本当に必要なモノだけ残して削り、自分が管理できる「モノの適量」にしようと断捨離し始めました。

自分の所有するモノの量を把握できていない

上では部屋が散らかる理由として、「モノが多すぎる」と紹介しました。

ではなぜ、モノを多すぎるほどに抱え込んでしまうのか。

私はその原因は、「自分が今所有している物を把握できていない」という事実が関係していると思います。

例えば、こんな経験はありませんか?

夕食の材料を買いにスーパーに行くとします。

ですが、夕食に必要な材料を買おうにも、家の冷蔵庫の中の食料が把握できていなくて、家にあるはずのキャベツを、ないと思って買い、余らせてしまった…。

洋服を買うときだって同じです。セールだからとつい買ってしまうと、家のクローゼットで同じような柄や形のモノがあって被ってしまった…。

こんな現象が起こるのはきっと、今自分が所有するモノを把握してないが為だと思います。

本来は、いま持っているモノを把握した上で、何が必要かを知り、買い物に行くべきです。

ですが、把握出来ていないと、余計に多くモノを手にしてしたり、欲しくなってしまうのです。

これはモノを買う時もそうですが、モノを手放すときも同様です。

自分が今所有している物を把握できていないと、モノを手放す際に必要か不必要かを判断しづらくなり、そのモノを手放すのが怖くなります。

それが「いつか必要になるかもしれないから持って置こう。」という選択を促し、さらにモノを増やしてしまいます!

また、もしあなたが今、把握できないほどのモノを持っているのであれば、そのモノの量はあなたにとって多すぎます。

多すぎるモノは、管理しきれず結局散らかった部屋を創りだしてしまいます…。

あなたが必要だと思っているモノ、本当に必要なものですか?

断捨離するときにもこの問いは、いつも付いてきます。この問いに、YESなモノを残していくのが断捨離です。

その為にも、いま自分の持っているモノを把握していることは超重要です。

まとめ

なぜ、部屋が散らかるのか。

私は子どもの頃からこの疑問をずっと持ち続けていました。

今までは収納が上手になれば、部屋も片付き、散らからないのはないかと収納グッツを購入したりしていました。

ですが、片付かないのも、散らかるのも、結局はモノを管理できないほどに持ちすぎている事が原因だと気づいてからは、断捨離に目覚め、今では部屋はいつもすっきりとしています。

部屋がすっきりとすると不思議と、心も体も、頭の中もすっきりするもので私にとっては、今や断捨離は趣味です。笑

このモノの断捨離の楽しさや、やりがいを多くの方にシェアできればと思い今回もご紹介させて頂きました!

以上、jazziでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました